トップページ

    このサイトでは車検切れの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車検切れの車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    車検切れの車を高く売るために重要なことは、いくつもの買取業者に車検切れになった車の査定してもらうことです。手間と時間を惜しんで「車検切れになった車の買取査定をお願いするのは1社のみ」とか「近くにあるディーラーの知り合いに下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので当然ですが損をします(安くなります)。

    このサイトでおすすめしている一括査定サイトを利用すれば数分もあれば完了する簡単な入力だけで、いくつもの買取業者から提示される買取相場を比較することができます。車検切れになった車を高く売ることができれば、そのお金を有効活用できますので、一括査定サイトを使って高額売却を目指してみてはいかがでしょうか。もちろん、車検切れなので出張査定は無料です。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大50社に車検切れ車の買取査定の依頼が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    勿論、全国に対応していて出張査定は無料。

    「車検切れになっている車の買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに車検切れになった車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、車検切れになった車でも高く売却できる車買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    車検切れの車なので実車査定は自宅で1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車相場が提示されるので、「車検切れになった車でもネットで買取相場が分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで車検切れになった車でも高価買取が可能になります。

    最大10業者が車検切れ車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者に車検切れになってしまった車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる代表的な一括査定サイト。提携している業者も200社以上で、複数の業者が車検切れ車の査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用して車検切れになってしまった中古車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    車検切れ車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約(売却先決定)するとさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    車検切れになった中古車を高く売って、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社が車検切れ車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、一回見てみることをおすすめします。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    車検の残りが1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    引越や結婚などで姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、中には嫌がる人もいますので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりアップダウンするため、人気のある特定のボディーカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    そんなときに中古車一括査定サイトが役立ってくれるのです。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、短時間で手続きが済みます。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、ノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから販売する必要があります。

    当然ながらタイヤ交換費用を差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    一社でなく複数の買取会社から相見積りを取るつもりであれば、中古車査定一括サイトを有効利用すべきです。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、昼夜を問わず手軽に査定を依頼できるというメリットがあります。

    各社の査定結果がほぼ出揃った時点で、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは対象から外しておいたほうが無難です。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、実査定を受ける前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、初めにネットの一括査定サイトを活用して、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に業者が来て実車査定を行い、買取金額の提示となります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、無事に手続き全般が終わったところで業者から売却代の振込があるのが普通です。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。