トップページ

    このサイトでは車検切れの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車検切れの車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    車検切れの車を高く売るために重要なことは、いくつもの買取業者に車検切れになった車の査定してもらうことです。手間と時間を惜しんで「車検切れになった車の買取査定をお願いするのは1社のみ」とか「近くにあるディーラーの知り合いに下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので当然ですが損をします(安くなります)。

    このサイトでおすすめしている一括査定サイトを利用すれば数分もあれば完了する簡単な入力だけで、いくつもの買取業者から提示される買取相場を比較することができます。車検切れになった車を高く売ることができれば、そのお金を有効活用できますので、一括査定サイトを使って高額売却を目指してみてはいかがでしょうか。もちろん、車検切れなので出張査定は無料です。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大50社に車検切れ車の買取査定の依頼が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    勿論、全国に対応していて出張査定は無料。

    「車検切れになっている車の買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに車検切れになった車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、車検切れになった車でも高く売却できる車買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    車検切れの車なので実車査定は自宅で1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車相場が提示されるので、「車検切れになった車でもネットで買取相場が分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで車検切れになった車でも高価買取が可能になります。

    最大10業者が車検切れ車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者に車検切れになってしまった車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる代表的な一括査定サイト。提携している業者も200社以上で、複数の業者が車検切れ車の査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用して車検切れになってしまった中古車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    車検切れ車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約(売却先決定)するとさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    車検切れになった中古車を高く売って、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社が車検切れ車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、一回見てみることをおすすめします。







    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において買取希望の中古車の見積もりを一度に複数の企業にお願いできてしまう、幾つもの車一括査定サイトがあります。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、自宅などに電話されるのが面倒な人は、連絡手段が主にメールのところを選べば良いのではないでしょうか。

    自分の車を高値で売却するために車の買取専門業者と価格交渉をするときに重要なのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、チェック済みではないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このケースの場合は勿体ないです。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定額が高くなる傾向にあります。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、最新式のカーナビでない場合には査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    さらに、同様の理由でカーナビシステム非搭載の時には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    チャイルドシートを設置している車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は採点される項目には含まれていないからです。

    ベビーシートもジュニアシートもそれぞれ購入希望者は多いため、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそれなりの価格になります。

    一部のブランド品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    まだローンの残っている車を売る際は、残債を払ってしまわないと売却できません。

    つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

    業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、できないのであれば例えば買取額から自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは無謀にもほどがあります。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけばトントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    車を売却しようとして見積もりに出す際に前もって良く洗っておく事は、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    たとえ車が洗ってあっても洗ってなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことをアピールする材料となるのです。

    手荒に使っていた人よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    でも見積金額アップを狙って車検が終了した直後に車を手放すことはあまり意味がありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    車のローンを完済する前でも売却する方法がないわけではありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されている必要があります。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、完全にローンを返し切るまでは所有者名を変更することはできません。

    要するに、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。